メインテーマ「源泉回帰」とは

関金温泉開湯から1300年。
関金地区を中心に、温泉、健康、観光、伝統文化など、
年間を通して開湯を記念するイベントを開催します。
そのメインテーマは「源泉回帰」。
「源泉回帰」とは、「原点回帰」をもじった言葉遊びです。
「源泉」つまり関金の文化の原点である温泉に今一度立ち返り、
そこから「温泉」というものをいろいろな角度・視点で見直し、
皆で未来の関金像を考えてみましょうという意味が込められています。
また「回帰」にも言葉遊びが隠されています。
関金地区の振興を考える上で重要な二つの要素である
「回=回遊する場所」と「帰=帰る場所」を表しています。
関金を観光で訪れ回遊してもらうため、また、関金を安心して住み続けられる場所とするため、
このイベントをきっかけに継続的な動きが生まれればという思いが込められています。
1300年という節目に、全国から皆さんに関金に来ていただきたいと思っています。
開湯1300年を機に、1年の「祭」で完結しない、
新たな100年のスタートの年が始まります。
関金温泉
鳥取県倉吉市の名湯、関金温泉は
2017年に開湯1300年を迎えました。