健康と温泉フォーラム
全国有数のラジウム・ラドン温泉であり、日本の名湯百選にも選ばれている関金温泉。この温泉の健康利用促進や温泉地の諸問題の解決を図るため全国で開催されているフォーラムを、開湯1300年を迎える関金温泉で開催します。
特に、介護分野に焦点を当て、温泉を使った健康維持の取組みの紹介やパネルディスカッションを行います。
関金温泉という倉吉市の地域資源をどのように活用していくかなど、関金温泉の未来を皆さん一緒に考えるイベントにしています。
事業スケジュール
10月19日(木)~10月20日(金)
お問い合わせ先
健康と温泉フォーラム実行委員会(倉吉市観光交流課内)
メール:tourism@city.kurayoshi.lg.jp
・0858-22-8158
・0858-22-8230
東大山古道トレッキング
かつて関金温泉からほど近い「大鳥居」から続いていた大山寺への参道「東大山古道」。その道は、打吹山周辺を通り、三朝町の三徳山に至ると伝えられています。
「東大山古道トレッキング」では、歴史の道100選「大山道」川床道をルートにしています。当時の面影を今に伝える苔(こけ)むした石畳を踏みしめ、悠久のときに思いを馳せながら、ゴールの関金温泉、白壁土蔵群を目指します。
コースの核心部では西日本有数のブナ林や日本の滝百選「大山滝」などが見られます。
事業スケジュール
10月21日(土)~10月22日(日)
お問い合わせ先
特定非営利活動法人 未来
TEL:0858-24-5725
FAX:0858-27-0101
E‒Mail:civic@npo‒mirai.net
関金伝統文化等体験事業
秋の関金では伝統文化イベントが開催されます。手作り甲冑を着て、関金の伝統文化を体感し、記念フォトを撮って一生の思い出を作りませんか。
(1)「南総里見八犬伝」のモデルと言われている里見忠義公と八賢士を偲(しの)び、開催されるおまつりで、手づくり甲冑を身にまとった武者行列や子供歌舞伎等が楽しめます。
関金温泉開湯1300年の今年は、関金出身の雅楽演奏者の演奏会も行います。
(2)市の無形民俗文化財に指定されている神輿(みこし)渡御(とぎょ)の行列で、大名行列のごとく温泉街を練り歩きます。
事業スケジュール
8月下旬から約1か月間限定で、宿泊+文化体験のセットプランを準備する予定です。
(1)9月3日(日)
(2)9月18日(月・祝)
お問い合わせ先
源泉回帰「関金温泉開湯1300年祭」実行委員会
Tel:0858-45-3737
ミニたたらワークショップ
かつて関金の基幹産業であった「たたら製鉄」。砂鉄の採取から始まり、炭焼き、たたら操業、加工といった一連のたたらの作業を4工程に分けて、ワークショップを通じて体験できます。
関連イベントとして、各ワークショップに合わせてグランピングも開催予定。鳥取の自然に囲まれたロケーションで、おいしい料理をご堪能ください。
事業スケジュール
・第1回:7月29日(土)
砂鉄採集+バーベキュー(北条オートキャンプ場)
・第2回:9月2日(土)
炭焼+バーベキュー(清流遊YOU村)
・第3回:9月17日(日)~18日(月・祝)
ミニたたら操業+グランピング(やまもり温泉キャンプ場)
・第4回:10月上旬(予定)
鍛冶ワークショップ+交流会(八島農具興業)
お問い合わせ先
とっとり中部ものづくり道場
Tel:090-3172-0968
Fax:0858-55-7071
はいくら体験フェス
廃線のある暮らしを身近なものとして体験していただくフェスです。
旧倉吉線を再現したジオラマやプラレールタワーの展示、電動ミニトレインを運行、開業当時の車窓風景を収めた貴重な映像の上映や倉吉線コレクション展示など、様々な企画を行います。
また、フェスの開催に合わせて旧泰久寺駅のプラットホームをカフェに見立てて「廃線カフェ」も設置し、来場者をおもてなし。
鉄道好きをはじめ、子どもから大人まで楽しんでもらえるイベントです。
事業スケジュール
・10月14日(土)~15日(日)
・10月22日(日)
お問い合わせ先
倉吉市地域おこし協力隊
Tel:0858-22-8158
Fax:0858-22-8230
E‒mail:gensenkaiki@city.kurayoshi.lg.jp
関金温泉
鳥取県倉吉市の名湯、関金温泉は
2017年に開湯1300年を迎えました。